2014年04月29日

タヒチの歴史・文明 12

タヒチの神話(マウイの星座)


ポリネシアで「マウイの星座」と呼ばれるさそり座のお話です。



マウイは時間と空間を司る神として崇められてきました。

マウイは釣針を使ってポリネシアの島々を釣りあげましたが、島がどれも小さかったため、兄弟神に船を漕いでもらい、巨大魚ピモエを釣ることを決意しました。

ピモエはその姿を島に変えることが出来る魚なので、ピモエを釣り上げて小さな島々と繋げ、1つの大きな大陸を作ろうとしたのです。

兄弟神は海の一番深い場所に船を進め、マウイはピモエに釣針をかけました。
マウイと暴れるピモエの戦いは2日2晩続き、ようやくピモエはおとなしくなりました。



ピモエを釣針にかけたまま帰る途中、マウイは兄弟神にピモエを見ないように言いましたが、兄弟神がピモエを見た瞬間、ピモエは固まって島になりました。

そして釣針はピモエから外れて天高くに飛ばされ、釣針の形に似たさそり座になったと言われています。

島々が大陸になることはありませんでしたが、マウイという名前はハワイ諸島にその名を留めています。

  

Posted by NOANOA 長崎校 at 12:58Comments(0)タヒチについて